返済を前提としたクレジットカードの使用の重要性

クレジットカードを現金化したり、ショッピングとして使用する場合は利用した額の返済を前提に計画的に使う事を心掛けます。返済が終了していない状態で使用の限度まで到達するまで使って、次の会社のクレジットカードを申し込んだり、使ってしまうと取り返しのつかない事になる場合もあります。システム的にはキャッシングと似ていますので、使いすぎで多重債務に陥る危険性もある事を考えて、きちんと返済が終わってから別の会社のカードを使う事を心掛けます。多重債務に陥って、返済が滞ってしまうと遅延を行った事によるお金を請求されたり、状況によっては資産を差し押さえられる可能性もあります。消費者金融とは違って利用するまでの審査は緩いが、消費者金融と同じように返済が滞る場合のペナルティは厳しいです。