クレジットカードを使うのは予想よりも控えめにする

 クレジットカードで決済をしていると、その明細をチェックしたときにビックリすることがあります。それはあまりにも決済が多過ぎて、請求額が予想以上になっているときです。クレジットカードを現金と同じ感覚で使っていると、どのくらい使っているのかがいまいちピンとこなくなってしまいます。 そうすると「まだ使えるだろう」という気持ちがかなり強くなってきてしまい、気が付いたら予想以上に使い過ぎていたということが珍しくないのです。クレジットカードを使い過ぎればその支払いが大変になるわけですから、できれば避けていきたいところです。ですので、クレジットカードを使うときは予想よりも控えめにしていくことが、範囲内でおさめるための考え方です。