不本意に増えてしまうクレジットカード

クレジットカードは所有する数が増える分だけ、管理しにくくなるものです。盗難や不正利用、個人の信用にも関わるので、本当に必要なぶんだけ持つのが良いでしょう。ところが最近は何か会員になるためにカードを作らなければならないことが多く、不本意で入会してしまうケースもよくあります。スポーツジムの会員証、習い事の授業料など昔なら現金で払っていたものが、今ではカード決済しか選択の余地が他にないということが多々あります。結局ショッピングなどはしなくてもクレジットカードを所有することになってしまうのが困ります。入会特典でポイント付与があったり、お得なサービスがついているなど消費者としては心が動くものもありますが、本当にそれが必要かどうか冷静に考えて作るべきですね。