ポイント取得のためのカード

現在使用しているのは、JCBのクレジットカードです。日頃よく利用するスーパーのポイントカードにJCBのクレジット機能を付けて使用しています。年会費はどちらも必要なく、カード払いにすればするほどスーパーのポイントが加算され、金券が発行されるのでかなりお得です。また、家の公共料金もすべてこのカードでの支払いにしているので、毎月確実にポイントが貯まっていきます。クレジットカードは、単に手持ちの現金がなくても支払いがすぐできるという便利さももちろんありますが、私はそれよりもポイントが貯められるということを重視しているので、便利だからというよりはポイントの為にクレジット機能を利用するということが多いです。

マイルを貯めて旅行に使う

クレジットカードはいつも航空会社のマイレージと提携しているものを使用しています。マイルを効率的に貯める為に会費はかかりますが、光熱費や水道代などの固定費は可能な限りクレジットカード払いにして、普段の買い物(食料品から日用雑貨、飲食代)もクレジットカードを利用できる店舗では全て利用すれば一ヶ月あたり10万円くらいは使います。そうなると一年に100万円利用するとステイタスが上がることが多く、100円で1マイル貯まるところが1.5倍になったりします。マイレージ提携の店舗を利用するとショッピングマイルも付与され二倍貯まるなどのメリットもあります。基本的に国内線利用なら15,000マイルで2区間(1往復)の特典航空券と引き換えられるのですが、時期によっては12,000マイルで2区間の特典航空券と引き換えられたりします。逆に18,000マイルで2区間という時期もありますが。国際線の場合、例としてあげると40,000マイルでハワイ旅行もできます。これには国内線のフライト分は含まれているので地方の空港から国内線を利用して乗り継がなければならない人も40,000マイルで乗り継いでハワイまで行くことができます。特典航空券だけでなく、国内線の広いシートにアップグレードもできます。通常のクレジットカードなら、100円利用で1ポイント(=1円)分、少しステイタスが上がって効率良く貯まったとしても、15,000ポイントは15,000円分のお買い物にしか使えません。航空券の普通運賃の金額を考えると、国内線は1往復で60,000~70,000円分になることもあります。ものすごくお得でやめられません。