クレジットカードのポイントが欲しい

昔はクレジットカードのポイントを稼ぐことに必死になっていた時期があります。マイルを稼ぐなどではなく、ただ単にクレジットカード会社からもらえるクレジットカードポイントが欲しかったのです。それを貯めて、どうしてもその会社からポイントを貯めたらもらえるグッズで欲しいものがあったので、必死になってクレジットカードを使っていました。とはいっても、もちろん必要のない物などは勝手はいませんから、無駄使いをしていたというわけではありません。ただ、100円の物に対してもわざわざクレジットカードを使って支払っていたので、それをされた店員さんはちょっとイラっとしていたと思います。でも、そのおかげで私が欲しいグッズはポイントでゲットする事ができました。

クレジットカードを使うのは予想よりも控えめにする

 クレジットカードで決済をしていると、その明細をチェックしたときにビックリすることがあります。それはあまりにも決済が多過ぎて、請求額が予想以上になっているときです。クレジットカードを現金と同じ感覚で使っていると、どのくらい使っているのかがいまいちピンとこなくなってしまいます。 そうすると「まだ使えるだろう」という気持ちがかなり強くなってきてしまい、気が付いたら予想以上に使い過ぎていたということが珍しくないのです。クレジットカードを使い過ぎればその支払いが大変になるわけですから、できれば避けていきたいところです。ですので、クレジットカードを使うときは予想よりも控えめにしていくことが、範囲内でおさめるための考え方です。

便利な道具

以前の私は現金主義で、クレジットカードは持っていませんでした。性格的にアバウトなところがあったので、持っていると必要以上に使用する可能性が高いことも理由の一つでした。利用を始めたきっかけは結婚でしたくらいは必要かと思い作ったのですが、しばらくは使用しませんでした。しかし時代の流れには逆らえず使用する頻度がましてきて、今ではちょっとした買い物でも使用しています。普段はホームセンターでの買い物や、ガソリンスタンドの給油等、千円以上なら使用しています。特に便利だと思ったのは、ネットショップの通販支払でした。9分9厘は代引きにしするのですが、ショップによってはカードのみの所があるので、しょうがなく使ったのですが便利でした。これからも使い方を間違えずに便利な道具として利用します。