何をするにもクレジットカードが便利すぎる

クレジットカードは普段まめに使っていると非常にお得で、ポイントがガンガンたまっていくので買い物が楽しくなります。たとえば生活に欠かせないスーパーなどで決済に使用したら、一回の購入額が少なくても月に何度も利用する場所なのでポイントの増える速度はかなりの効率です。それとクレジットカードなのでどんな買い物をするにしても財布の中から小銭を探すという手間がいらないのは便利だと思います。手持ちがいくら入っているかというのも出かける前に気にしなくていいから、買い物前にATMに寄るという面倒なこともなくなりました。とにかく一度使うとその魅力にハマること間違いナシだから、最低でも一枚持っておけば何かの役に立つはずです。

万円単位の大きな支払にクレジットカードを利用

日常的な買い物にはあまりクレジットカードは使わないのですが、ときどき数万円から10万円以上の買い物をするときなどはカードを利用することが多いです。家電を新調するときや、年払いの保険料やタイヤ代など自動車関連の支払いをするときなどです。我が家のクレジットカードは航空券のマイレージが貯まるタイプのもので、こういった大きな支払でマイルを貯めて、航空券に換えて遠方の実家へ帰省するときに使っています。日々の買い物でもカード払いにすればもっとマイルを貯められるとは思います。でも、カードの請求は翌月や翌々月に来ますから、自分で把握し切れるようにしなければいざ請求が来た時にあわてる羽目になります。そういった理由もあり、なるべく使う回数は少なくして、大きな支払のときだけに絞るようにしています。

ロイヤルホストが割引に

クレジットカードの活用として、意外な割引サービスがあったりします。
ロイヤルホストでエポスカードを見せるだけで5%OFFになるんです。
近くにロイヤルホストがあるので、この方法に気づいてからエポスカードを持ち歩くようになりました。
普段は使ってないんですけどね(笑)年会費無料なので、特に使わなくても問題ないんですよね。

クレジットカードを使うぞ

今度友人が我が家にやって来てくれます。しかも、かなり時期的に高いシーズンのチケットだったので、いつもはもっと安くチケットを購入できる所、とても高い金額になってしまったようなので、我が家では盛大に彼女の好きな物を用意して語りあかそうともくろんでいます。彼女も私もワインが大好きなので、ワインを買って待っていようと思うのですが、その際には絶対にクレジットカードを使うつもりです。旦那からもらっている生活費を使うのは申し訳ない気がするので、私の貯金から支払えるようにクレジットカードを登場させて、旦那に気兼ねなく2人で昼間から飲みたいなと思っています。とはいえ、子供たちも居るのでほどほどにしなければいけませんが。

付帯保険

クレジットカードに付帯されている特約が便利なんです。我が家は火災保険とか自動車保険に個人賠償特約が付いてないタイプに加入しています。あれって、やっぱり大切ですよね。日常の万が一って、いつどこでそうなるか、わかりませんもの。心配性の私には必須です。でも保険に入ったらついでについてくるオマケみたいなものって考えていたので、商品によっては個人賠償がないなんてまったく寝耳に水でした。小さい子も犬もいるので何かあった時のために絶対ないと困ると思って、何か加入できるもの・・・って探しました。知人に聞いたら、クレジットカード会社によっては、付帯できるところがあるよって。今使っている会社に問い合せたら、なんとありました。ラッキーでした。これで安心です。

返済を前提としたクレジットカードの使用の重要性

クレジットカードを現金化したり、ショッピングとして使用する場合は利用した額の返済を前提に計画的に使う事を心掛けます。返済が終了していない状態で使用の限度まで到達するまで使って、次の会社のクレジットカードを申し込んだり、使ってしまうと取り返しのつかない事になる場合もあります。システム的にはキャッシングと似ていますので、使いすぎで多重債務に陥る危険性もある事を考えて、きちんと返済が終わってから別の会社のカードを使う事を心掛けます。多重債務に陥って、返済が滞ってしまうと遅延を行った事によるお金を請求されたり、状況によっては資産を差し押さえられる可能性もあります。消費者金融とは違って利用するまでの審査は緩いが、消費者金融と同じように返済が滞る場合のペナルティは厳しいです。

クレジットカードの使い方

上手に使えば便利なクレジットカード。現在では一人で何枚も所持している方も多いのではないでしょうか。所持する利点としては、買い物の際に現金が不要なこと、様々なポイントが貯まることなどありますし、インターネットショッピングの際にはクレジット払いが手軽でお得ですね。しかし、手軽に使えるため、きちんと出納管理ができない方には危険な面も多くあります。翌月一回払いで買い物をする際には手数料は無料ですが、分割払い、リボ払いを利用すると手数料がかかってきますし、どんどん残債が膨らんでいくこともあります。このような話を母から教わっていた筆者は、クレジットカードは翌月一回払いでしか使用しないことにしており、また、使用した際にはすぐに引き落とし口座の通帳に利用分の現金を挿んでおき、銀行に行く際に通帳に入れるようにしています。また、うっかり入れ忘れてしまってはいけないので、通帳には多めに預金を入れておくようにしています。手軽に買い物ができるようになっている昨今、資金計画はきちんと立ててお金を使いましょう。

クレジットカードのポイントが欲しい

昔はクレジットカードのポイントを稼ぐことに必死になっていた時期があります。マイルを稼ぐなどではなく、ただ単にクレジットカード会社からもらえるクレジットカードポイントが欲しかったのです。それを貯めて、どうしてもその会社からポイントを貯めたらもらえるグッズで欲しいものがあったので、必死になってクレジットカードを使っていました。とはいっても、もちろん必要のない物などは勝手はいませんから、無駄使いをしていたというわけではありません。ただ、100円の物に対してもわざわざクレジットカードを使って支払っていたので、それをされた店員さんはちょっとイラっとしていたと思います。でも、そのおかげで私が欲しいグッズはポイントでゲットする事ができました。

クレジットカードを使うのは予想よりも控えめにする

 クレジットカードで決済をしていると、その明細をチェックしたときにビックリすることがあります。それはあまりにも決済が多過ぎて、請求額が予想以上になっているときです。クレジットカードを現金と同じ感覚で使っていると、どのくらい使っているのかがいまいちピンとこなくなってしまいます。 そうすると「まだ使えるだろう」という気持ちがかなり強くなってきてしまい、気が付いたら予想以上に使い過ぎていたということが珍しくないのです。クレジットカードを使い過ぎればその支払いが大変になるわけですから、できれば避けていきたいところです。ですので、クレジットカードを使うときは予想よりも控えめにしていくことが、範囲内でおさめるための考え方です。

便利な道具

以前の私は現金主義で、クレジットカードは持っていませんでした。性格的にアバウトなところがあったので、持っていると必要以上に使用する可能性が高いことも理由の一つでした。利用を始めたきっかけは結婚でしたくらいは必要かと思い作ったのですが、しばらくは使用しませんでした。しかし時代の流れには逆らえず使用する頻度がましてきて、今ではちょっとした買い物でも使用しています。普段はホームセンターでの買い物や、ガソリンスタンドの給油等、千円以上なら使用しています。特に便利だと思ったのは、ネットショップの通販支払でした。9分9厘は代引きにしするのですが、ショップによってはカードのみの所があるので、しょうがなく使ったのですが便利でした。これからも使い方を間違えずに便利な道具として利用します。