クレジットカードはファッション感覚で選ぶ人もいる時代

クレジットカードを選ぶときにはサービス内容で選ぶ人が多くいます。付帯サービスやポイント還元率やポイントで交換できる商品などです。しかし、そういったところにあまりこだわりがない人は別の視点で選ぶことがあるのです。それがクレジットカードのデザインです。クレジットカードのデザインというのはかなりバリエーションが多い会社も珍しくありません。したがって、クレジットカードを初めて持つようなケース、学生などが申し込みをするケースでは、クレジットカードのサービス内容ではなく、見た目で選ぶケースもあります。デザイン性に優れたオシャレなものがかなり増えましたから、洋服を選ぶような感覚で持っていて誇らしいデザインのクレジットカードを選ぶような人が出てくる時代になったということです。クレジットカードもファッションの一部という認識の人が増えてきたということではないでしょうか?

クレジットカードのポイントについて

クレジットカードの一つの魅力として、ポイントを貯められるという事です。現金よりも確実にお得な支払方法です。使い方ひとつで、ちょっとしたヘソクリになり、旅行に無料で行けたりなどライフスタイルに潤いを与えてくれます。ポイントを貯めて得をするのはクレジットカードの醍醐味と言えます。クレジットカードのポイントは最大限活用するために、ポイント還元率の高いカードをチョイスする事が肝要です。ポイントが貯まりやすいカードで人気が高いのが楽天カードです。100円で1円分の楽天ポイントが貯まる仕組みで、デパートでの買い物や電気料金の支払いまで幅広く利用できるのも魅力の一つです。クレジットカードも様々な種類があるので、自分に合ったクレジットカードを探す事が肝要です。

クレジットカードの定期券機能、私にとても合っています。

クレジットカードには定期券機能がありますが、これまで使わずに来ました。なくしちゃったらどうするの?という気持ちが強かったからです。でも、思い返して見れば、高校生の時からうん十年、定期券を使っていますが、なくしたことは1度もありません。しかも、万が一、なくしてしまっても、なくしてしまったと連絡した前日から遡ること60日間分の不正使用に対して保証があるそうで、週末を除き、毎日、定期券を使う私のような人であれば、60日を超えて放置されることはまずないので、物は試しということで、定期券機能を使うことにしました。結果として、使い始めて良かったです。ポイントがたまるスピードが上がりましたし、お会計の時、もたもたせずに、ちゃっちゃとクレジットカードを出せるようになりました。お買い物大好きで、かつ、いらちな私にこのシステム、とても合っています。

クレジットカードの管理を。

買い物や支払いなどで活躍しているクレジットカードですがやはり毎月管理をしていないといくら使ったのかまたは後どれくらい残っているのかわからなくなりますので管理が必要です。今では紙で明細書を送ってくるカード会社もありますがほとんどはインターネットで明細書を確認するような場合が増えてきていますので確認をするくせをつけておくと良いでしょう。そうしないと使いすぎたり金額を把握できないために確認をして口座などに十分な現金を振り込んでいないと引き落としが出来ないなどが出てきますので確認をしておきましょう。またリボ払いなどは後どれくらい残っているのかを知っておかないといつまでも減らないのできちんとした管理がないとなりません。

同じカードを25年

私は25年間ずっと同じクレジットカードを使い続けています。就職してすぐに…今考えたらちょっと危ないのですが、店頭で勧誘された化粧品の大量購入の時に作らされたカードです。そんな苦い思い出はありますが…カード自体は使いやすく、ポイントもたまりやすいということで愛用しています。この25年間でカードの利用方法も随分変わりました。以前は利用明細表は毎月自宅に送られて来て、ポイントも明細表についていたマークを切り取り、台紙に張って1年間分をまとめてカード会社に送っていました。それが今では明細もポイント申し込みもネットで簡単に手続きができます。本当に便利になりました。もう「ポイントを送り忘れた…」なんてこともありません。すっかり番号まで覚えてしまったこのカード。私はまだまだ愛用したいと思っています。

クレジットカードのポイントを賢く貯める

私は、買い物の際にはクレジットカードを利用するようにしています。現在では、私が利用するお店でクレジットカードが利用出来ないのは、100円ショップとファーストフード店くらいで、ほとんどのお店で使えるのでとても助かっています。そして、私が持っているクレジットカードは毎月の利用金額に応じてポイントが貯まるので、それを楽しみにしています。ポイントは、1,000円の利用につき1ポイント付くようになっています。また、これとは別に、特定の店舗で指定された日に買い物をすると、ポイントが、2倍、3倍、時には10倍付くことがあります。そうした日は事前に告知されていますので、消耗品など必要な物の買い物はその日にまとめて行うよう計画することで、ポイントを賢く貯めるようにしています。これからも、このように楽しみながら、賢くクレジットカードを活用したいと思います。

クレジットカードはポイントが沢山溜まってお得

クレジットカードを使うことの魅力や利点といえば、ポイントを非常に沢山貯められる点や、現金で買物をする場合よりも非常にスムーズにレジを通過できたり、インターネットなどの通販でのショッピングも捗るようになる点です。現金で支払をしても全くポイント還元が無いですが、クレジットカードを利用するとポイントを貯めることが出来て大変得です。また小銭をわざわざ財布から取り出したりお釣りを確認したりする手間もなく、クレジットカードがあれば非常に迅速に支払いが完了してスムーズですし、カードを渡すだけで払えるので支払いも楽です。最近は多くのスーパーやデパ地下ならサインレスでクレジットカードで支払えることも増えてきていますし、いつもスーパーで買物をする時はクレジットカードを使っています。また、通販でショッピングする時もクレジットカードならば手数料も不要ですし、代金引換のようにお金をその都度用意して払う手間もかからず、支払いも楽です。

ポイント取得のためのカード

現在使用しているのは、JCBのクレジットカードです。日頃よく利用するスーパーのポイントカードにJCBのクレジット機能を付けて使用しています。年会費はどちらも必要なく、カード払いにすればするほどスーパーのポイントが加算され、金券が発行されるのでかなりお得です。また、家の公共料金もすべてこのカードでの支払いにしているので、毎月確実にポイントが貯まっていきます。クレジットカードは、単に手持ちの現金がなくても支払いがすぐできるという便利さももちろんありますが、私はそれよりもポイントが貯められるということを重視しているので、便利だからというよりはポイントの為にクレジット機能を利用するということが多いです。

マイルを貯めて旅行に使う

クレジットカードはいつも航空会社のマイレージと提携しているものを使用しています。マイルを効率的に貯める為に会費はかかりますが、光熱費や水道代などの固定費は可能な限りクレジットカード払いにして、普段の買い物(食料品から日用雑貨、飲食代)もクレジットカードを利用できる店舗では全て利用すれば一ヶ月あたり10万円くらいは使います。そうなると一年に100万円利用するとステイタスが上がることが多く、100円で1マイル貯まるところが1.5倍になったりします。マイレージ提携の店舗を利用するとショッピングマイルも付与され二倍貯まるなどのメリットもあります。基本的に国内線利用なら15,000マイルで2区間(1往復)の特典航空券と引き換えられるのですが、時期によっては12,000マイルで2区間の特典航空券と引き換えられたりします。逆に18,000マイルで2区間という時期もありますが。国際線の場合、例としてあげると40,000マイルでハワイ旅行もできます。これには国内線のフライト分は含まれているので地方の空港から国内線を利用して乗り継がなければならない人も40,000マイルで乗り継いでハワイまで行くことができます。特典航空券だけでなく、国内線の広いシートにアップグレードもできます。通常のクレジットカードなら、100円利用で1ポイント(=1円)分、少しステイタスが上がって効率良く貯まったとしても、15,000ポイントは15,000円分のお買い物にしか使えません。航空券の普通運賃の金額を考えると、国内線は1往復で60,000~70,000円分になることもあります。ものすごくお得でやめられません。

ポイント還元なら楽天カードがお得

どのクレジットカードもポイント制度がありますが、その中でもその「お得度合い」と「便利さ」に着目するなら、楽天カードが1歩先を行っています。まず還元率1%は他社と比較しても最高ランクの還元率です。他社は0.5%というところが圧倒的に多いです。加えて、そのポイントは1ポイント=1円で楽天市場で使えます。自社サイトでしか使えない、というのは狭量のようにも感じますが(実際そうですが)、しかし楽天市場は日本最大のECショッピングモールです。ほとんどないものはないという感じです。ですので、ほとんどの買い物にこのポイントは使えて、かつそれが1ポイント=1円という高いレートで値引きしてくれる、というのはお得であり、便利な点です。最後にそのポイントは、買い物だけではなく、楽天トラベルなどでの宿泊代にも充当できる、というのも非常に便利な点です。ということで、ポイント制度だけを取ったら、楽天カードをおすすめします。