クレジットカードのポイントを賢く貯める

私は、買い物の際にはクレジットカードを利用するようにしています。現在では、私が利用するお店でクレジットカードが利用出来ないのは、100円ショップとファーストフード店くらいで、ほとんどのお店で使えるのでとても助かっています。そして、私が持っているクレジットカードは毎月の利用金額に応じてポイントが貯まるので、それを楽しみにしています。ポイントは、1,000円の利用につき1ポイント付くようになっています。また、これとは別に、特定の店舗で指定された日に買い物をすると、ポイントが、2倍、3倍、時には10倍付くことがあります。そうした日は事前に告知されていますので、消耗品など必要な物の買い物はその日にまとめて行うよう計画することで、ポイントを賢く貯めるようにしています。これからも、このように楽しみながら、賢くクレジットカードを活用したいと思います。

クレジットカードはポイントが沢山溜まってお得

クレジットカードを使うことの魅力や利点といえば、ポイントを非常に沢山貯められる点や、現金で買物をする場合よりも非常にスムーズにレジを通過できたり、インターネットなどの通販でのショッピングも捗るようになる点です。現金で支払をしても全くポイント還元が無いですが、クレジットカードを利用するとポイントを貯めることが出来て大変得です。また小銭をわざわざ財布から取り出したりお釣りを確認したりする手間もなく、クレジットカードがあれば非常に迅速に支払いが完了してスムーズですし、カードを渡すだけで払えるので支払いも楽です。最近は多くのスーパーやデパ地下ならサインレスでクレジットカードで支払えることも増えてきていますし、いつもスーパーで買物をする時はクレジットカードを使っています。また、通販でショッピングする時もクレジットカードならば手数料も不要ですし、代金引換のようにお金をその都度用意して払う手間もかからず、支払いも楽です。

ポイント取得のためのカード

現在使用しているのは、JCBのクレジットカードです。日頃よく利用するスーパーのポイントカードにJCBのクレジット機能を付けて使用しています。年会費はどちらも必要なく、カード払いにすればするほどスーパーのポイントが加算され、金券が発行されるのでかなりお得です。また、家の公共料金もすべてこのカードでの支払いにしているので、毎月確実にポイントが貯まっていきます。クレジットカードは、単に手持ちの現金がなくても支払いがすぐできるという便利さももちろんありますが、私はそれよりもポイントが貯められるということを重視しているので、便利だからというよりはポイントの為にクレジット機能を利用するということが多いです。

マイルを貯めて旅行に使う

クレジットカードはいつも航空会社のマイレージと提携しているものを使用しています。マイルを効率的に貯める為に会費はかかりますが、光熱費や水道代などの固定費は可能な限りクレジットカード払いにして、普段の買い物(食料品から日用雑貨、飲食代)もクレジットカードを利用できる店舗では全て利用すれば一ヶ月あたり10万円くらいは使います。そうなると一年に100万円利用するとステイタスが上がることが多く、100円で1マイル貯まるところが1.5倍になったりします。マイレージ提携の店舗を利用するとショッピングマイルも付与され二倍貯まるなどのメリットもあります。基本的に国内線利用なら15,000マイルで2区間(1往復)の特典航空券と引き換えられるのですが、時期によっては12,000マイルで2区間の特典航空券と引き換えられたりします。逆に18,000マイルで2区間という時期もありますが。国際線の場合、例としてあげると40,000マイルでハワイ旅行もできます。これには国内線のフライト分は含まれているので地方の空港から国内線を利用して乗り継がなければならない人も40,000マイルで乗り継いでハワイまで行くことができます。特典航空券だけでなく、国内線の広いシートにアップグレードもできます。通常のクレジットカードなら、100円利用で1ポイント(=1円)分、少しステイタスが上がって効率良く貯まったとしても、15,000ポイントは15,000円分のお買い物にしか使えません。航空券の普通運賃の金額を考えると、国内線は1往復で60,000~70,000円分になることもあります。ものすごくお得でやめられません。

ポイント還元なら楽天カードがお得

どのクレジットカードもポイント制度がありますが、その中でもその「お得度合い」と「便利さ」に着目するなら、楽天カードが1歩先を行っています。まず還元率1%は他社と比較しても最高ランクの還元率です。他社は0.5%というところが圧倒的に多いです。加えて、そのポイントは1ポイント=1円で楽天市場で使えます。自社サイトでしか使えない、というのは狭量のようにも感じますが(実際そうですが)、しかし楽天市場は日本最大のECショッピングモールです。ほとんどないものはないという感じです。ですので、ほとんどの買い物にこのポイントは使えて、かつそれが1ポイント=1円という高いレートで値引きしてくれる、というのはお得であり、便利な点です。最後にそのポイントは、買い物だけではなく、楽天トラベルなどでの宿泊代にも充当できる、というのも非常に便利な点です。ということで、ポイント制度だけを取ったら、楽天カードをおすすめします。

気付けば財布の中に沢山

クレジットカードのデザインは多種多様で、クールなものからキャラクター等とのコラボで可愛らしいものまで目移りしてしまう程です。実際に目移りしてしまった私は誘惑に負けてつい複数枚を同時に申し込みました。結果全ての審査が通り手元に届いたカードは日常使い、ネット購入専用というように目的別に役割分担して全て財布の中に入れています。折角手に入れたカードですから、一枚残らず有効に利用したいと考えたのです。しかし実際に利用してみると、カード毎にポイント付与の条件が設けられておりそれぞれに向き不向きがあるように感じられました。こちらのカードであればこの条件下において振込手数料が無料というように、見落とせば損する耳よりな情報をネットで調べ適切な利用方法を現在も探究中です。

ポイントためて幸せ!クレジットカード愛用

普段クレジットカードを使わずに、現金で買い物をしていたのですが、ある日買い物をしてお会計の時に財布をあけたら現金がなかったんです。すごく焦ってクレジットカードで払いました。この時クレジットカードを持っていて良かったとすごく思いました。それ以来クレジットカードで買い物をするようになりました。使ってみるとポイントがたまりますし、現金と違ってサっと支払いができてしまうので非常に便利だなと気に入っています。意味はなく現金で支払っていましたが、一度クレジットカードが便利だなと思うとやめられませんね。今はポイントをためることが日々の楽しみです。毎日買い物をするのでどんどんポイントがたまっていくことが幸せなんです。

クレジットカードの年会費

ツタヤのポイントカードを使っていましたが、年に一回更新の手続きが煩わしくなり、クレジット機能付きのTカードプラスに切り替えました。年会費が無料だと思っていたのです。ところが、年会費が口座引き落としになっていて、調べてみると初回が無料でカードの使用がないと年会費がかかるという事が判明。次に引落になる前に、クレジット機能を外してもらおうと思いツタヤに行くと、カードを解約するしかなくカード会社での手続きになるとのことでした。ツタヤのポイントは引き継がれないのですが、仕方がないのでカード会社で解約の手続きをしました。しばらく月日が発ってから、あらたにクレジットではないTカードの入会手続きに行くと、クレジット機能付きのカードが最近年会費が初回のみではなく無料になりました、さらにポイントもお得につきやすくなってます、と説明されました。それなら、と入会の手続きをしたんですが、本当にずっと年会費がかからないのか実は不安です。

インターネットとクレジットカード

インターネットでは、ヤフオクなどのオークションやアマゾンなどの転売せどり、そして、インターネットショッピングなとど市場が成長していて、インターネットを頻繁に利用される方なら、それらを利用したことがあるのではないのでしょうか?特に、アマゾンなどで購入する場合は、クレジットカードが必須だったりする場合も出てきますね。また、ポイントサイト経由などでインターネットでクレジットカードを利用すると、ポイント2重取り3重取りなどが出来たりしますし、かなりお得感がありますね。ポイントの複数取りについては、クレジットカード会社などによっても、色々異なって来ますので、自分の生活シーンに合わせてクレジットカードを選ばれるのが良いのではないでしょうか? 私のメインとしているポイントの複数取りのケースは、ポイントサイトのポイント・クレジットカードで支払った場合のクレジットカードのポイント・購入先のショッピングポイントとポイントが3重に取れちゃったりしますね。 インターネットのクレジットカードは、特定の曜日や特定の日に買い物さえすれば、通常の3倍ポイント進呈などと日常的にポイントキャンペーンを実施しているので、ポイントが貯まりやすいですね。最近ですが、インターネットの系のクレジットカードのポイントだけで、書籍を買う事も出来ましたしとてもお得でしたね。

女性向けのクレジットカードについて

ネット通販を日常的に利用される方が本当に多くなってきましたが、数あるサイトの中でも楽天市場はやっぱり人気となっています。そんな楽天市場でお買い物をするのなら、当然ですがクレジットカードは楽天カードを使うのが賢い方法と言えます。通販で使うだけでなく楽天絡みの様々なサービスを利用する際にかなりお得になりますので、楽天カードを一枚作っておけば相当メリットが大きいかと思います。女性向けの楽天PINKカードならO-netや楽天ビューティーなどの女性向けコンテンツを利用する時かなり割引になりますので、まさに女性のためのクレジットカードと言っても良いでしょう。それに保険付帯も結構充実していますので、もしものときに頼れるカードのひとつかと思います。